スタッフブログ

2019.04.20

溶接用キャブタイヤケーブル

溶接ケーブルは長くしたり、電流が大きくなるほど太いケーブルを使用しないといけません。
細いケーブルを使用するとケーブルの電圧降下によってアークの不安定などやケーブルが溶けたり、溶接機の故障原因になるので最適なサイズをお選び下さい。

気軽にお問い合わせお待ちしてます。

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。